人活工房

TOP > ブログ > 97.望む成果を手に入れるには?

97.望む成果を手に入れるには?

2015/10/19

経営における『組織開発』の中で
注目されつつある“チームコーチング”
ですが

そのチームコーチングをスポーツ界で取り入れ実践し、大きな成果を手にした
ラグビー日本代表チームのワールドカップ戦での戦いは日本中で話題になりました。

これまでの日本代表チームは
過去24年間のワールドカップで、
なんと0勝。

そんな弱小日本チームを鍛え、今大会での世界ランク3位の南アフリカ戦をロスタイムで3点差をひっくり返し、
大金星をあげ、さらにはワールドカップ3勝を挙げるまでのチームに導いたのが
名将エディジョーンズヘッドコーチ。

記事を読んでいると
チームコーチングのエッセンスが見えてきます。

・4年前に目標を明確化
→2015年にトップ10入り、2019年にトップ8入りすること

・意識改革に力を入れる
→質問を中心としたコミュニケーションで選手の意見や考え自主性を引き出す
→遠慮ないフィードバック
→朝5時からの練習など

・戦術変更
→外国人と比べて体格的に不利な日本人だが、ハードワークに耐えれる特徴を踏まえて、頭を使うことと運動量を上げることに注力

・具体的施策
→スクラム、ラインアウト、フィットネスの強化

等など。

まだまだたくさんありますが、
これらのきっかけを作ったのは
まさにエディヘッドコーチです。

ドイツバイエルン・ミュンヘン監督にアドバイスをもらいに行ったり
日本で成功しているスポーツは何かを考え、WBCや女子バレー、女子サッカーなどの監督に指導を請いに行ったり。

誰よりも学び探求し考え、
ハードワークをこなされたようですね。

そうして開発されたのが
日本独自のスタイル『JAPAN WAY』

そんなリーダーの背中を見て
選手たちも自ら考え自ら判断する
リーダーシップを身につけいったようです。

我々は歴史を変えた!

その言葉に
やり抜いた人からのみ伝わる
充実感が満ち溢れていました。