人活工房

TOP > ブログ > 73.聞き上手と質問上手の違い

73.聞き上手と質問上手の違い

2015/02/19

昨日のコーチング。

クライアントから、ある相談を聞き、
その問題解決のために、私は頭の中で、一つのコーチングモデルを選択して質問に入っていきました。

そのモデルは5つのステップで構成されていますが、一つ目のステップで、ある言葉にフォーカスしていくつかの質問をしました。

すると、クライアントが
『あれ?私って何を気にしていたのかしら。このテーマは問題でないことに気づきました。』

そしてコーチング終了。その間わずか6分くらいでした。

時々こういうことが起こります。
クライアントは、ある状況をぼんやりと「問題である」と認識していますが、
違う視点が生まれるような質問を行うことで、意味づけがガラッと変わったりします。

質問は、
仕方によってはクライアントの視点を変え、
様々な気づきを手に入れ、
クライアントが自ら問題解決していくパワフルな道具です。

聞き上手なことは、関係性を強化したり、相手の情報を得る上ではとても効果的ですが、
さらに効果的な質問ができると問題解決スピードを何十倍も早めることが可能となります。

人の可能性を開くコーチング。

旅は続きます。