人活工房

TOP > ブログ > 60.研修の効果を上げるメソッドとは?

60.研修の効果を上げるメソッドとは?

2014/10/19

“研修を受けた直後はモチベーションも上がり雰囲気が変わったように見えるけれど、しばらくするとあまり効果を感じれなくなる”との声をよく耳にします。

いくつかの理由が考えられますが、
多くは研修後に研修の学んだ内容を仕事に組み込む視点が弱かったり、研修から帰ってきた人をフォローする周りの職場メンバーの対応も研修成果に大きな影響をもたらします。

様々な研修がある中、その研修が効果を発揮するかどうかは、研修を受けた本人のやる気はもちろん大切ですが、それを引き出し学習したことを実践と統合する方法が大切と思われます。

研修内容をどうしたら仕事に活きるように組み込めるか?

一つの解が
『コーチング』です。

コーチングは、自分の現状と目標やゴールとのギャップを埋めるために方法や行動計画を考えてもらいますが、その中に研修で学んだことを組み込む手助けができます。
また適宜立ち止まり、内省することの支援で、いつの間にか時間が流れて研修が無駄になったという事を大きく減らす事もできます。

未来のシュミレーションを行い、コミットメントを引き出し、継続的なフォローが可能なコーチングは、
学んだことを仕事に活かす効果的なメソッドと言えるでしょう。