人活工房

TOP > ブログ > 102.人が育たない、という悩み

102.人が育たない、という悩み

2015/12/17

この1週間、あちらこちらで耳にしたのは

「人が育たない」

という言葉でした。

 

さらには

「どうしたら管理職が育つのでしょうか?」

という質問も多く頂きました。

 

部下が育でるのは管理職の責任。

『管理職が育たない』とは

部下を育て、職場のパフォーマンスを最高にできていない、

という意味でしょう。

 

昨日、とある経営者が言われました。

「育つのは2割、残りの8割は半ば諦めている。接し方も、ほどほどにしています。多くを望まず、厳しくせず、半ば諦めモードで。」

 

『諦め』という言葉がとても気になりました。

 

諦めモードの管理職の部下は

おそらくその空気を察知しているでしょう。

 

そこで、「悔しい」

と頑張る部下もいるでしょうし、

 

「私は諦められている」、「期待されていない」

と感じる人もいるでしょう。

 

前者は稀で、後者が多い現実を考えると、

 

管理職は

簡単に諦めるのではなく

根気強く部下を育てなければなりません。

 

言い換えると

必ずこの部下は成長する、変化するはずである、という信念や情熱が必要であると私の経験上確信しています。

 

もちろん様々な育成スキル、

コーチングや承認、フィードバック、プレゼン等の力も高めていく必要もありますが、

 

そのスキルも

『人は育つものである』

という信念に支えられた管理職側の『在り方』があってこそ、はじめて効果的となります。

 

そんなリーダーシップや在り方にも触れている

拙著『社員が自主的に成長する「全員活躍チーム」の作り方』(幻冬舎)

ご関心ある方は一読頂けると幸いです。

amazon→https://www.amazon.co.jp/dp/4344973534/

20151217photo