人活工房

TOP > ブログ > 48.時の重み

48.時の重み

2014/07/28

先週、ベストセラー作家・本田健さんのセミナーに参加させてもらいました。

作家デビューされて12年。
計600万部を売った、日本の自己啓発ジャンルの第一人者の1人です。

実はデビューされる随分前の、今から20年前、私が独立したての頃に、神戸で家業の仕事をされていた20代の本田さんに出会い、仕事の依頼をさせてもらったご縁が始まりでした。
そして、あれから20年ぶりの再会でした。

セミナーの合間に挨拶に行くと、『小笠原さん、随分久しぶりですね。嬉しいな。少しも変わられませんね』
と、驚きと懐かしさが入り混じった満面の笑顔で迎えて頂きました。

聞くところによると、本田健さんは、日本人として初めてTLC(変革型リーダーシップ評議会)メンバーに招待されたそうです。
このグループは、世界のベストセラー作家やビジネス書のスーパースターらで構成されたグループで、より世界に貢献できるように設立された団体と言われています。

3冊までは書ける、あるいは1度くらいはベストセラーを出せなくはない。
しかし10年、20年作家で飯を食べるのは至難の技であると言われているこの業界で、トップランナーとして走り続け、さらに世界に打って出ようとしている本田さんの最も印象的だったメッセージは、

『私が年間50万部売り続けてこれた秘訣の一つは、
“最初から戦略があった”
からです。
皆さんは30年計画はありますか?』

でした。

帰りがけに本田さんから
“今度ランチをしましょう”
という声を頂き、

20年間の重みを噛み締め、30年後を想像しながら会場を後にしました。

さて、今を楽しむか。