人活工房

TOP > ブログ > 47.持続的成長企業になる​ためには?②

47.持続的成長企業になる​ためには?②

2014/07/21

今回はチームコーチングについてお話します。

チームコーチングとはチームをコーチングする、ということになります。

・チームとグループの違いはなんでしょうか?
・皆さんの職場の一つの課は真のチームと言えるでしょうか?
・管理職で集まって会議をしたりしますが、この集まりは各課を良くするための情報交換会的なものか、それとも全社を動かしていくミッションが与えられているチームでしょうか?
・経営陣は各部門の利害よりも全社のそれを優先しているでしょうか?

ここでチームの定義を一つご紹介すると、
『チームとは 共通の目的、達成目標、アプローチに合意しその達成を誓い、互いに責任を分担する補完的なスキルを持つ少人数の人たちをいう。』
と言われています。

多くの組織は相互依存度が低く、成果はグループメンバーの総和となりますが、チームはメンバー間の関わり・結びつきが強く、総和以上の成果を創るものと言えます。

そのために、チームに必要なものは
・士気と一致団状態を高め合うような効率の良い会議とコミュニケーション
・チームにとっての主な利害関係者すべてに対する効果的関与
・個人とチームが常に学習と発展を続けられる手法
つまり効果的なコミュニケーションや関わり方、そして組織自身が学習し続けるシステムが必要だということです。

チームコーチングとはこのような手法
・チームビルディング
・チームファシリテーション
・プロセスコンサルテーション
などの手法を使って、真のチームへの脱皮を促進、さらには自らが学習する方法をチームに提供していきます。