人活工房

TOP > ブログ > 21.昔のトップリーダーの人材育成法

21.昔のトップリーダーの人材育成法

2014/01/21

リーダーとは直訳すれば『人を導く』ということですね。
大学時代の部活、独立した27歳からずっとリーダーとして仕事をしてきましたが、
経験からリーダーとしての留意点は

 

①どれだけ仲間の力を引き出せるか

 

②仲間の成功を心から喜べる(我が我がではダメ)

 

③決断し、チームの全ての結果に責任を持てる

 

④仲間への感謝の気持ちがある

 

⑤自らが常にチャレンジしている

 

そして何よりまわりからリーダーと認められなければならない。

 

リーダーの要諦を述べた、あの27代連合艦隊司令長官、山本五十六海軍大将の名言には続きがありました。

 

『して見せて、言って聞かせて、させて見て、ほめてやらねば人は動かじ。

話し合い耳を傾け承認し、任せてやらねば人は育たず。

やっている姿を感謝で見守って、信頼せねば人は実らず。』

 

人の力を引き出す昔のトップリーダーは自然とコーチング的な姿勢を持っていらっしゃったんですね。