人活工房

TOP > ブログ > 147.上司は自分を知らねばならぬ

147.上司は自分を知らねばならぬ

2016/11/16

人を分析する者は
まず、自らが分析を受けねばならない。

フロイトと並ぶ20世紀の偉大な心理学者・ユングの言葉。

つまり、
人を分析し、評価・批評する前に、まずは自分が分析され、自分を知ることが肝要という意味です。

さて、
あなたは自分がどんな色眼鏡をかけているかご存知ですか?

働く人が活き活きとしていない職場では、その経営幹部リーダーや管理職の方達が、
部下を事あるごとに批判・ダメ出ししているケースが多く見受けられます。

「言ってもその通り実行しない」

「全然改善策が出ないんだよね」

「もっと当事者意識を持たないと」

等など。

おそらく、
実績と経験・知識のある自分の見方が正しい、方法が正しいと考えられているようですが、
その考え方や部下への対応の仕方が、人が育ち良い業績にも繋がっているなら、
それも正解と言えるかもしれません。

しかし現実はその逆がほとんどのようです。

部下たちは元気なく、当事者意識に欠け、業績は低迷。

さて、どうすれば良いのか?
まずは自分を分析することです。

人には個人個人の色眼鏡があり、1つの事実を見ても、全てに意識が向くことはなく、また解釈もそれぞれです。
なぜならその人の認知パターンや、経験、価値・信念に左右されるからです。

自分がかけている色眼鏡は、どのようなものなのか、を理解していないと、多くの場合、事実を見落とし、対応に柔軟性がなくなります。

感情派は理論をおろそかにしたり、直感派は事実を見落としがちであったり。当然各々その逆も然り。

この認知パターン、生まれつきの心のエネルギー配分を知り自己理解・他者理解を深めるメソッド(MBTI)を弊社では活用していますが、
自分の認知の偏りを知り、自己理解を継続して探求していくと、ある時に効果的でない振る舞いをしても、すぐに自己分析ができて、行動に修正がかけられるようになります。

正解は、
自分のものの見方や進め方にあるのではなく、
お互いを活かし合う柔軟性が高まることによって、
チームとして職場が協力・価値創造し合い、
そのことが結果的に業績に繋がる事、
ではないでしょうか?

20161116photo