人活工房

TOP > ブログ > 117.職場に『学習する仕組み』がある?

117.職場に『学習する仕組み』がある?

2016/04/08

チームの支援をさせて頂いている中で
成果を創るチームに共通していることは『学習している』ということです。

チームコーチは外部支援者として関わりますが、
チーム支援をしながらリーダーシップを体現していきます。
様々な問いかけやメッセージ、フレームを使い、学習支援も行います。
それらをチームメンバーが自分たちに取り込み、
現場で試し修正しながら活かしていくチームは
変化が早く当然成果も上がり始めます。

多くの組織は
研修や本などを読むことが学習と考えられているフシがあります。

しかし、それらの知識は現場に持ち込まれ、
試され修正され活かされてこそ意味があると言えるでしょう。

真の学習の場は職場にあります。

自分たちの行いがどのような結果に繋がったか?
何が効果的で何がそうでなかったか?
さらには深く内省し、洞察をすることで、
自分たちのパターンをより効果的に変えていくことが可能となります。

現実、現場からどう学ぶか?
これからの組織の重要なテーマです。

20160408photo