人活工房

TOP > ブログ > 108.迷ったら原点に戻る

108.迷ったら原点に戻る

2016/02/03

昨日、大学の部活の後輩幹部たちと飲みました。
今月には1年間の幹部の役目を終え、2回生にバトンを渡す時期です。

「1年間お疲れ様でした!」

そんな乾杯から始まり、
彼らの幹部生活の様々な話が出てきました。

新入生がなかなか入部してくれず部員集めに苦労した話、

厳しくも楽しいメリハリのある部活にしたかったけれど、
自己採点すると…かなり悪いという話、

主将が後期から留学して、主将代行をした当初は戸惑いの日々でした…という話、などなど。

「次の代にはどんなアドバイスをしたい?」
「具体的にはどうする?」

『ちょうど今週マンツーマンの引き継ぎありまして…なんて伝えたら伝わるのか…伝え方が難しくて…』

「彼らにどうなって欲しいの?」

『そうですねぇ…』

伝え方はいろいろ工夫もできますが、テクニックを超えて「伝わってしまうもの」がある。
それが“在り方”ではないでしょうか。

彼らと別れてから
主将代行の副将からメッセージが届きました。

そこには

“なんのために引き継ぐのか”

“本質を見る目”

“腹を割って”

“彼らを信じて”

という言葉が並んでいました。
少しはお役に立てたかな。

経営者や管理職リーダーも迷いがつきませんが、そんな時に自分たちの根本・原点・目的に戻ることが大切です。

来月はそのことを明らかにする「全員活躍チーム」の作り方ワークショップ開催です。

詳しくはこちら↓

「全員活躍チーム」の作り方ワークショップ