人活工房

TOP > ブログ > 27.働けること自体が幸せ

27.働けること自体が幸せ

2014/03/02

昭和26年5月3日の米上院軍事外交合同委員会聴聞会の議事録に

GHQ占領時代のマッカーサーが見た日本を述べた言葉が残っています。

 

『潜在的に、日本の擁する労働力は量的にも質的にも、

私がこれまでに接したいずれにも劣らぬ立派なものです。

歴史の経過のどこかで彼らはいわゆる労働の尊厳を見出しており、

怠けている時よりも働き生産している時の方がずっと幸福だということを発見したのです。』

 

昔の日本人は働けること自体が幸せ、そんな世界が羨む労働観が普通のようでしたが、

さて、現代日本の私達はいかがでしょうか?

 

拝金主義、利己主義が増え、自ら幸せを放棄しつつあるように思えます。