人活工房

TOP > ブログ > 28.コミュニケーションを円滑にするには

28.コミュニケーションを円滑にするには

2014/03/09

先週、とある企業団体で研修講師をさせていただきました。
参加者は40代、50代の部次長クラスの方が中心でしたが、冒頭に職場でのコミュニケーションに関する悩みを聞きました。

 

『世代間で考え方がぜんぜん違う』
『相手はハイ、ハイと返事をするが、行動に変化が見られない』

 

私自身、同じ悩みを持っていました。
そして偶然、コーチングを学ぶ機会があり、コミュニケーションに対する考え方が180度変わりました。

 

コミュニケーションを円滑にする最重要ポイントは

 

『コミュニケーションの責任を自分が取る』ということです。

 

『あいつは言っても聞かない』
『いつも言ってるんだけれど…』

 

この言葉の裏には
『相手に変わって欲しい、あなたが変わるべきだ』
との他責の考え方に立っています。

 

この考え方で
相手が変わってくれれば苦労はありません。

 

自責は自分が責任を取る、 言い換えると『自分が変わる』ということです。

 

自分が望む反応が得られなかったら、コミュニケーションの方法を変え続けましょう、
自分が望む反応を得られるまで。

 

これが
『コミュニケーションの責任を自分が取る』と言う事です。